フットボール漬け。
24時間365日サッカーの事ばっか考えてるりーやんの雑記帳。試合の感想とか気になった選手とか。
ブログ内検索



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

りーやん

Author:りーやん
1日2試合観戦を目標に。



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自己紹介とか
りーやん。24歳オス。札幌在住。
中学・高校とサッカー部だったけど、その後は完全に見る専門に。
半年ほど前からフットサルに挑戦中。

ヨーロッパのシーズン中は毎週10試合前後テレビ観戦。
仕事も遊びも睡眠時間も全部スカパーサッカー放送のスケジュール次第。
以前趣味でやってた試合観戦記が負担になりすぎたんで、
今後は気楽にてきとーにやってきたいと思ってます。

タイプな選手はRecobaとかMessiとかJavierZanetti(アルゼンチン)とか
HamitAltintop(弟の方。シャルケ)とかBrienzaとかFoggia(アスコリ)とかKewellとか。
昔の選手だとSavicevicとかBrianLaudrupとかSignoriとかBobanとかOvermarsとか。
あんま一貫してないけどゲームで見て一旦気になっちゃうとアホなくらいハマっちゃうので。
こうして見るとレフティーが多いかも。
リアルで見始めたのが92年のユーロからなので、
それ以前の全盛期をビデオでしか見てない選手についてはあんま書かないようにしてます。

好きなチームは今は特になし。
優先的に見るのはタイプな選手のいるチーム、
スペインのチーム(wowowなくて普段見れないので)、チェルシー、トッテナム、
ローマ、パレルモ、シャルケ、ブレーメン、アヤックス、インデペンディエンテ。
リーグの優先順位は
イングランド>イタリア>ドイツ>アルゼンチン>オランダ>>>日本
みたいな感じ。
90年代前半はミランとバルサ、90年代後半はラツィオ、00年以降降格するまではリーズファン。
国内リーグは昔からあんま見ない。地元にコンサドーレってチームがあるけどあれはちょっと。。。

代表チームではポルトガル、デンマーク、アルゼンチン。
日本代表は好きじゃない。
サッカー好きって言うと=日本代表ファンみたいに思われて困る。だからって
「いやぁ俺日本代表には興味ないんだよね~」とか言ったらめちゃめちゃ嫌なヤツじゃん。ねぇ?
そんで結局興味ない試合を一緒に見ながら応援してるフリする俺。疲れるわ。。。
ちなみに中田英は好き。俊輔や小野は好きじゃない。

そんな感じ。
スポンサーサイト

今年の自分
年末年始もサッカー三昧じゃ。
実家のソファでサッカーを見るのはやっぱいいな。
優雅でリッチなでっかいソファが欲しい。
やっぱ金だね。金と女と時間。

豪邸とか高級車はいらんけど、
好きなだけサッカー見ていられる居心地のいい空間と、
24時間いつでも好きなだけフットサルしまくれる場所が欲しい。
テレビでばっか見てないで世界中飛び回って毎日サッカーを見まくりたい。
世界中のうまい酒を飲みまくりたい。
そのためにはやっぱ金だ。

顔もスタイルも性格もセックスも、
全部大事だけどやっぱサッカーへの理解が欲しい。
土日の夜は何があろうとサッカーなんだよ。
ベッド抜け出してサッカー見たっていいじゃない。
自分よりランクが上のそんな女はなかなか手に入らない。
サッカーへの熱意を理解してくれるのは結局俺が妥協してる時だけだ。
やっぱ自分のランクを上げるしかないんだろうな。

自分磨きのためにも自由に使える時間が欲しい。
いくらサッカーを見てもフットサルやっても女と遊んでも使い切れないほどの時間が欲しい。
仕事はするよ。自分磨きもする。
忙しいって言葉は嫌い。時間がないなんて言った事がない。
でも時間が欲しい。金が欲しい。

今年はワールドカップだ。
決勝の日は仕事なんかしない。
最高のホテルのとびきりのスイートで、
最高の女、最高のコニャックと一緒に味わいたいね。
半年か。。。ああ時間がねーな。
このままじゃ目標ってよりただの夢だな。
頑張らなきゃ。

タイプなチーム
ミランとバルサにどっぷりハマッた後、
WOWOWに加入しようやく自分の意思で好きなチームの試合を見れるようになると、
興味はだんだんとセリエAのラツィオに移っていった。

当時好きだったのはSignori。
小柄ながらスピードに乗ったドリブルからのシュート、
どんな体勢からでも繰り出される黄金の左足、
トレードマークのワンステップPK、
そして何故だかいつも怒りまくってる顔。
そのくせセリエAダイジェストでは「だもんね!」なんて
連呼されてるギャップもたまらなかった。
ってそれは本人が言ってた訳じゃないんだけど。
全てのサッカー選手の夢の舞台であるワールドカップの決勝で
監督に指示されたポジションを拒否し出場しなかったというエピソードも
常にストイックで絶対に妥協を許さなかった彼らしくて好きだ。

Zemanのもと超攻撃サッカーを仕掛ける当時のラツィオは
Signori、Casiraghi、Boksicの3トップ、さらにはRambaudiなんかもいて、
そういや一時期はGascoigneもいたな。
とにかく5点6点当たり前、3失点4失点も当たり前、
ホームじゃ強いがアウェーでは滅法弱い、
とにかく全てが魅力的だった。
ユニフォームもとにかくカッコ良かったな。
ユニフォームを買ったのはこの時期のラツィオが初めて。
美しいサックスブルーのホームとイエローのアウェーを1着ずつ。
中学、高校の部活で散々使用しボロボロになってしまった。
もう着る事は出来ないけど、多分一生手放す事はないだろう。

そんな最高に好きだったクラブもZemanの解任、
Eriksson就任やSignoriの移籍でなんとなく興味も薄れていく。
ManciniやNedvedの活躍までは結構見てた記憶もあるんだけど、
もはや好きなチームとは言えなかった。
好きだったチームがあまりにも魅力的すぎたから。

タイプなチーム
90年代前半~中盤、ミランと同時に好きだったのがバルセロナ。
言うまでもなくCruijff率いるドリームチーム。

Koeman、MichaelLaudrup、Goikoetxea、Bakero、Guardiola、Salinas、
そしてなんといってもStoichkovとRomario。

Stoichkovはとにかく気性の荒さばかりが話題になった。
得点と同じ数だけカードをもらう。
そんなトコだけは日本に来た時もそのままだったな(笑)
でも全盛期のプレーを見れば誰もが彼の虜になった。
彼の左足は魔法を使う、なんて良く使われる陳腐な表現じゃ物足りない、
彼の左足は神そのものだった。Maradonaと史上唯二人だけに与えられた左足。
あんなプレーを見せられたら彼がどんな罪を犯したって彼を見限る人間なんていやしない。
その証拠に審判の足を踏みつけて半年もの出場停止を食らったって、
ファンは彼の帰りを暖かく見守ったよ。

Romarioは入団会見で30得点決めて得点王になるって言い放った。
暴力行為でかなりの試合の出場停止をくらったものの、
見事に公約を達成。こんなカッコイイ選手は他にいない。

StoichkovとRomario、この二人は本当に小学生の自分のアイドルであり神だった。
だから才能のない自分が真似なんてしてはいけないと思った。
もしもっと別の選手を好きになってたら、
自分のサッカー人生はもうちょっと変わっていたのかな、
って最近思う。それくらい影響力がでかかった二人。

この二人のせいで、プレーが好きでも優等生的行動、
優等生発言をした瞬間にその選手への熱が冷めてしまう事がよくある。
マジメ腐ったツマラナイ奴だって。
別に真面目なのがカッコワルイと不良ぶってる中学生ってワケじゃない。
彼らは単なる優れた悪役じゃなかった。
危うさとか刺激とか、色々なヤバイモノがギリギリのところで同居してた。
異常なまでに才能に満ち溢れているからこそのナニカがあったんだろう。
それが何かは今でもわからない。
でも俺は、そういうものを神と呼ぶんだと思う。

いつになったらこいつらは俺への魔法を解いてくれるんだろう。。。

タイプなチーム
今はクラブではバルサかな。
正直言うと好きってほどではないけど、
CLや国内カップ戦なんかで最後まで残ってて欲しいのはここ。
好きじゃないけど、結局見てしまうのはチェルシーとリバプール。
最近サッカーが好きなのはローマとパレルモ。
ボロクソ言われてるアーセナルも変貌期なりの楽しい瞬間がある。
あとは気になる選手がいるチームの試合は絶対見ちゃう。

サッカーにハマり出した頃はミランが大好きだった。小学校中学年くらいか。
結局90年代前半から中盤にかけてずっと追っかけた。
Rossi、Baresi、Maldini、Costacurta、Albertini、Savicevic、
Desailly、Boban、Donadoni、BrianLaudrup、Papin、Raduciou、
VanBasten、Rijkaard、Gullit、Massaro、Lentini、Simone。
ちょっと思い出しただけでもサッカー好きなら誰もが
聞き覚えのある名前ばかりがズラり。
それをSacchi、次いでCapelloが率いたんだから強くない訳がない。
毎年小遣いはたいてリーグ年鑑とゴール集とミラン総集編みたいなビデオ買ってたな。
小学生には安くない買い物だったけど、今でも大事に取ってある。

タイプなチーム
代表ではポルトガル。
中盤での細かいパスワークと相手をあざ笑うかのように繰り出される小技。
もちろんFigoやRuiCostaをはじめ豊富なタレント無しでは語れないけど、
ポルトガルの繋ぐサッカーそのものが大好き。
黄金世代のユース、話に聞くだけで実際に見る事は出来なかった。
それがめちゃめちゃ心残り。
同じくショートパスサッカーの王者90年前後のコロンビア。
こっちも断片でしか見た事がない。
ぜひリアルタイムで見たかった。。。

もう1つはデンマーク。
自分はもともと92年のユーロでデンマークを見たのがきっかけで
サッカーにハマったので、デンマークには今でも愛着がある。
日本でプロ化前のリーグ戦や天皇杯をなんとなく見てた時代に
BrianLaudrupのドリブルは刺激的すぎた。
96年ユーロでのポルトガルとの激戦はホント熱かったな。
今でも自分の中で歴代ベストマッチはこの試合。

あと、チームとしては興味ないけどアルゼンチン。
Zanettiはもともと大好きだし、
Aimar、Riquelme、Saviola、D'Alessandro、Tevezに加えて
Messi、Aguero、Gagoみたいな才能が出てこられたら、
もう好きって言わざるを得ない。
ホント、チームとしては全く興味ないけど。

・・・サッカー好きか?
なんでサッカー好きな女がいないんだろうっていつも思う。
サッカーに限らずスポーツ観戦が好きだって女はなかなかいない。

もちろん特定のチームや特定の選手を応援してる人なら自分の周りにもいっぱいいる。
今まで出会った中で1番びっくりしたのはスペインのラシン・サンタンデールと
アルゼンチンのヒムナシア・デ・ラ・プラタのファンだった女だ。
ラシンはかろうじて知ったけど、ヒムナシアなんて聞いた事もない。
でもそれは雑誌で見た長髪のなんとかっていう老けたオッサン選手が好きだっただけ。
その地域に行った事がある訳でも、
そのチームのサッカーが好きだった訳でもなかった。

純粋にスポーツを観戦して楽しめる女ってどれくらいいるんだろう?

別に選手の名前覚えろとか、戦術について語ろうぜって言ってる訳じゃない。
久しぶりのデートがスタジアムだったって訳でもない。
なんで終わった後にテレビでサッカー見るのがそんなにイケナイんだ。。。

そんな感じで今年の誕生日は後味悪く終わってしまった。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。