フットボール漬け。
24時間365日サッカーの事ばっか考えてるりーやんの雑記帳。試合の感想とか気になった選手とか。
ブログ内検索



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

りーやん

Author:りーやん
1日2試合観戦を目標に。



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


グループG最終戦と決勝トーナメント初戦予想
ふう、ようやく全部見終わった。
1日4試合って事は1日休んじゃうと翌日8試合見なきゃいけない訳で、
いくらワールドカップとはいえさすがに食傷気味。
今日からはもう少し試合のありがたみを感じながら観戦出来るかなぁ。

スイスは見事にグループリーグ唯一の無失点で1位通過と期待に応えてくれた。
韓国の最後まで諦めない姿勢と頑張りも好印象で、3試合中ベストの出来だったと思う。
豊富な運動量でスイスの組織的なパス回しを食い止め、
サイドからのクロスには全員攻撃といってもよいほど人数をかけた気迫の攻撃を見せる。
スイスはやや守勢に回りながらも、ようやく先発の出番を得たHakanYakinを中心に
韓国のやや前掛かりになった最終ラインの裏を狙って何度も際どいボールを放り込む。
後半はとにかく得点が必要な韓国が怒涛の攻撃を見せるが、
スイス鉄壁の守備陣が決定的なピンチに追い込まれることはなかった。
冷静にカウンターからチャンスを窺い、最後にきっちりと引導を渡した。
韓国のディフェンスの金髪の人と日本の稲本は、
これから金髪デビューを考えていたアジアの多くの若者を思い留まらせてくれたと思う。

トーゴvsフランスは、偉大なフットボーラーZidaneを擁しながら
レアルが何故勝てないのか、それを如実に示してくれた試合だったんじゃないかな。
ボールを溜めて敵のマーカーを引き連れても、引き出しをこじ開けてくれる相手がいないと
簡単に後ろへはたく事しか出来ないのが魔法を使えない今のジズー。
以前にも書いたけど、今のフランスでそれが出来るのはTrezeguetだけだと思うんだけどな。
Henryは王様ゾーンとして不可侵だった自分の得意エリアで久々のプレー。
Trezeguetとの連携はイマイチだったものの、ボールに絡む場面は今までと比べ格段に多い。
Zidaneを外す事はフランス国民も、世界のサッカーファンも許してくれないだろう。
個人的にはTrezeguetとSahaの2トップなんてのを見てみたいけど、
もう一角はHenryでも構わないので、ぜひともTrezeguetの先発を熱望する。
あとキーパーBarthezの安定感の無さが怖い。Coupetの方がいいと思うんだけど。
それにしてもトーゴの前線には魅力的な選手が多いなぁ。
今まで散々批判してきたけど、潜在的な可能性は
コートジボワールやガーナより上なのかもしれない。
今度はぜひ万全の状態で見たいチームだ。

これで決勝トーナメント出場16ヶ国が決定。
初戦の注目カードはやっぱりドイツvsスウェーデンとポルトガルvsオランダだろうか。予想は
ドイツvsスウェーデン○、○アルゼンチンvsメキシコ、
○イングランドvsエクアドル、○ポルトガルvsオランダ、
○イタリアvsオーストラリア、○スイスvsウクライナ、
○ブラジルvsガーナ、○スペインvsフランス。
あまりにも無難すぎるか。イタリアvsスイスやブラジルvsスペインが見たいけど、
一方でオーストラリアとガーナには相当期待してる部分もある。
アルゼンチンは組み分けに相当恵まれてる気がする。
それほど苦労せずに決勝まで勝ち進めるんじゃないかな。
さあいよいよここからが本番。今日はMessiのバースデーゴールはあるかなー?
スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ryan2.blog64.fc2.com/tb.php/101-e6bc2dd1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。