フットボール漬け。
24時間365日サッカーの事ばっか考えてるりーやんの雑記帳。試合の感想とか気になった選手とか。
ブログ内検索



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

りーやん

Author:りーやん
1日2試合観戦を目標に。



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大会20日目
日替わりアルヘンの右サイドバックはColoccini。Burdisso、Scaloniと使ってきたが、
Zanettiがいればなぁといつも思う。中盤右にルチョがようやく戦線復帰。
戦前の予想通りボールポゼッションは圧倒的にアルゼンチン。
ドイツは耐えに耐えて相手のミスを誘い、高速カウンターからチャンスを窺う。
高さに劣るアルゼンチンのクロス、CKはニアへ徹底して低くて速いボール。
後半4分、Ayalaの先制点はそのボールから生まれた。

表面上、120分間どちらも一歩も引かない好ゲームだったが、
攻撃の中心Riquelme、この日MVP級の素晴らしい活躍を見せていたCrespoを代え守りに入り、
同点に追いつかれた時点でアルゼンチンにもはや勝ち目はなかった。
GKの負傷というアクシデントがあったとはいえ、
ピッチ上にRomanもAimarもいないアルヘンが攻撃の形を作った事はないし、
代役が試合を重ねる毎に調子を落としていたCambiassoというのも理解に苦しむ。
なんというか、どれだけAimarが信用されてなかったのかが良くわかったな。
これからPekermanは大変だろうなぁ。

ドイツはなんだかんだでここまで上がってきてしまった。
良い意味で期待を大きく裏切ってしまったが、試合を重ねる毎に
内容も著しく良くなっており、今は素直にベスト4に相応しい好チームだと思う。
今日は攻撃ではほとんど思うような形を作れなかったが、
アルヘンの多彩な攻めをほぼ完璧に封じ込めたDF陣は立派。
中央を執拗に攻めてくるアルヘンに対し、FringsだけでなくBallack、
Schweinsteiger、Schneiderが必ずフォローに戻ってきていたし、
両サイドバックの上がったスペースにも常にFringsとBallackが睨みを利かせる。
お互いのカバーの意識が非常に高く、正攻法ではなかなか崩せない。
CBの弱点が改善された訳ではないが、中盤の底が非常に固く、なかなか弱点を覗かせなかった。
アルヘンはドイツの力強いチャージの前に得意のボールキープがなかなか生かせない。
せめて終盤にMessiかSaviolaがいればなぁ。もう見られないなんて正直未だに信じられない。

ウクライナはシェバの相方にチップキックのMilevskyを入れてきた。
今日はHusinが中盤の本来のポジションで起用されたはずだったが、
早々に先制され、前半20分にメンバー交代を行うと、
それ以降またしても最終ラインに下がってしまった。
放送開始前のスカパーデータスタジオに今期限りで遂に
現役を引退してしまったSignoriがインタビューに登場。
ボローニャ退団後、ギリシャ、ハンガリーに渡ったためほとんど映像を
見る機会はなかったが、相変わらずペッペはカッコ良すぎ。まだまだ若いし。

イタリアは前線のプレスが強く、ウクライナがボールを持っても前へ効果的なボールを出せない。
中盤のルーズボールになったところをGattuso、Camoranesiが猛ダッシュで競りに行く。
ボール支配率こそウクライナに譲ったものの、イタリアが完全にゲームを支配していた。
後半開始直後から、1点ビハインドのウクライナが怒涛の攻撃を見せる。
自慢の高速カウンターから人数をかけた中央突破、
右サイドを効果的に使った突破でイタリアを圧倒。
この時間帯のウクライナは間違いなく今大会最高の出来だった。

それでもアズーリの牙城は崩せない。Buffonがスーパーセーブを連発、
DFが身体を張ったクリア、ポストに当たる不運もありゴールには至らない。
徐々にウクライナのペースに引き込まれていくイタリアだったが、
ウクライナが前掛かりになった隙を突き、数少ないチャンスを確実に生かす。
1点の遠いウクライナにとっては絶望的な追加点。
3点目が入ってからはさすがに抵抗もなくなり、
最後は少し流した感じの締まりの無いゲームになっちゃったな。
ポストに頭を強打したジジは大丈夫かな。しばらく痛そうだったから心配だ。

これで大会前に優勝の本命に挙げたアルゼンチン、
ダークホースに挙げたガーナ、スイス、ウクライナが消えた。
残るは対抗として挙げたポルトガルのみ。
今まではこれらの5チームを応援してきたが、本当に好きなのはポルトガルとデンマーク。
これからは賭けの事なんか考えず、純粋にポルトガルを心の底から応援したい。
一方優勝は無いと全く評価しなかったブラジル、イングランド、ドイツ、フランスが未だ健在。
ブラジルは最大の難関であっただろうアルヘンが消えた事で可能性は高まった。
ドイツの強さも本物で、この2チームは十分有り得るなー悔しいけど。
もちろん最後までポルトガルを信じてるけど、心配な事に粕谷の予想がポルトガルなんだよな。。。
スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント
>もちろん最後までポルトガルを信じてるけど、心配な事に粕谷の予想がポルトガルなんだよな。。。

合掌w


決勝でお待ちしております。

土曜の試合で当たらないことを祈るw
【2006/07/03 11:08】 URL | 刑事 #99DFA69w [ 編集]

うわーそれは勘弁w
ホント、どっちも勝ってくれ~
【2006/07/05 00:06】 URL | りーやん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ryan2.blog64.fc2.com/tb.php/109-1a7b2461



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。