フットボール漬け。
24時間365日サッカーの事ばっか考えてるりーやんの雑記帳。試合の感想とか気になった選手とか。
ブログ内検索



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

りーやん

Author:りーやん
1日2試合観戦を目標に。



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イングランドvsポルトガル
ワールドカップ準々決勝イングランドvsポルトガル☆☆☆☆☆

イングランドはこの日も機能しない4-1-4-1。
Beckham、JoeColeが中央に切れ込んでボールを貰うケースが多く、
AshleyCole、GaryNevilleの両サイドバックがかなり高めにポジションを取っているが、
裏に大きく空いたスペースを何度も狙われていた。
ポルトガルのラストパスの精度の低さに助けられてはいたが、
前半早い時間帯で数点取られていてもおかしくなかった。
自陣でのつまらないミスが目立ち、簡単にボールを奪われるケースも多い。
Erikssonが中盤のアンカーに攻撃的なCarrickではなく
守備意識の高いHargreavesを起用しただけ前節よりはマシかと思っていたが、
Hargreavesは序盤から尋常じゃない攻撃意欲を見せ積極的に攻撃参加。
一体どんな指示を受けたらその動きになるんだか。
チャンスを作る場面も多々あったが、調子の上がらないCBの前に大きなスペースが空き、
唯一の強みであったDFの組織面でも大きな不安が感じられる。

後半早々、完全にゲームから消えていたBeckhamに代えてLennonを投入。
Erikssonがようやくまともな采配を見せる(実際には怪我だったらしいが)。
Rooneyの退場はかわいそうだったな。
こういう報復やイライラを爆発させたような幼稚なプレーは大好きなので、
こんな事で批判されて大人しくなっちゃいませんように。
この国には98年に批判されすっかり優等生になっちゃった先輩がいるだけに心配だ。
まあRooneyに限ってそんな事はありえないだろうけど。
数的不利になってからはイングランドで唯一の可能性を見せていた
Hargreavesに自由を与え、Gerrardをかなり守備的な位置へ下げる。
イングランドの攻撃はHargreavesと鋭い突破を見せるLennon、
途中投入されたCrouchの頭をめがけたロングボールに限られる。
これが功を奏したか、後半途中から終了にかけての数十分間は、
数的不利を感じさせずにポルトガルとほぼ互角に渡り合っていた。

しかし、そんな時間が長く続くはずがなかった。
徐々にDFの足は止まり、驚異的な運動量を誇ったHargreavesとLampardの戻りは遅くなる。
延長に入るとイングランドは完全にラインを下げ、徹底的に引いてPK戦狙いに切り替え。
ポルトガルは圧倒的にボールをキープするものの、攻撃のリズムに変化がなく有効打が打てない。
仕掛けのタイミングがワンテンポ遅い印象で、常にイングランドは人数と体制を整えてしまっていた。
勝負はそのまま運命のPK戦へ委ねられる。
大会中ずっと精彩を欠いていたLampardとGerrardが外し、
PK要員として出場したCarragherはゲームに入り込めず完全に落ち着きを失っていた。
相手はユーロでもイングランドとのPK戦で大活躍を見せたRicardo。
勝負は始まる前から決まっていたのかもしれない。
最後は若きポルトガルの象徴Ronaldoがイングランドに引導を渡してくれた。

正直ポルトガルがイングランド相手にこんなに苦戦するとは考えてもいなかった。
DFは相変わらずほぼ完璧だったものの、Decoが不在とはいえ
攻撃陣の調子は大会に入ってから最悪だったかもしれない。
でも今日の試合ほどポルトガルの団結力と優勝に懸ける気迫を感じさせてくれた試合はなかった。
もともと現代表のチームワークには定評があったけど、
激闘のオランダ戦で何かを掴んでくれたような気がしてならない。
次はブラジル戦を期待してたけど、優勝のためには正直フランスで助かった。
フランスは次で負けてももう1試合試合出来るのでそろそろいいでしょ。
反対のブロックはイタリアがいいなぁ。ドイツは正直あんま勝てる気しない。
ポルトガルはなんか観客にも完全に嫌われちゃってるみたいだし。。。
スポンサーサイト

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ryan2.blog64.fc2.com/tb.php/110-f000010e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。