フットボール漬け。
24時間365日サッカーの事ばっか考えてるりーやんの雑記帳。試合の感想とか気になった選手とか。
ブログ内検索



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

りーやん

Author:りーやん
1日2試合観戦を目標に。



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドイツvsイタリア
ワールドカップ準決勝ドイツvsイタリア☆☆☆☆

あと2分でタイムアップ。
ドイツの選手達はPK戦でいいと考えていたはずだ。
ドイツは過去PK戦で負けなし、対するイタリアは勝った事がない。
イタリアには相性が良くない。ただこの日は地元の大歓声が自分達だけに味方してくれる。
しかしオーストラリア戦同様に、今のイタリアは最後の最後まで得点を求め続けた。
監督にもイレブンにも、勝敗を運に委ねる気持ちは全くなかった。

立ち上がりから激しくプレスを掛けるドイツに対し、イタリアはとても落ち着いている。
アルゼンチンもブラジルでさえも、準々決勝では少し浮き足立った
ところが見られたが、この日のイタリアにそれはなかった。
余裕のボール回しから長短のパスと個人技を織り交ぜたリズミカルな攻撃。
ピッチを広く使い、ドイツのプレスを悠々と受け流す。
DFも相変わらず固い。
前半はやや高い位置からプレスを掛け、機を見て数的優位を作り出しては一気に奪う。
ドイツに訪れたチャンスといえば、イタリア中盤のパスミスに乗じたカウンターのみだった。
ドイツは全員が労力を惜しまず走り回って献身的な守備を見せるが、どうもプレーが荒い。
アフターや悪質なタックルが多く、Ballack、Borowski、Kehl、Metzelderあたりは
開催国じゃなければ2枚のイエローが出てても文句は言えなかった。

後半に入り、前半イタリアに押されっぱなしだったドイツがペースを落とすと、
中盤の運動量が落ちたイタリアはラインを下げ、徐々に中盤が間延び。
ピッチ中央に空いた大きなスペースを完全に支配したドイツが
後半を優位に進めるものの、イタリアの固いDFの前になかなかチャンスを作れない。
ゲームは膠着状態が続くが、所々でドイツを子供扱いするような
イタリア選手達の小技が効いていて、見るものを全く飽きさせない。
まあここまで見事に引っかかるドイツの愚直さもどうかと思うが、
Gattusoのシャペウとか、イタリアの方もちょっと色気出しすぎで面白かった。

延長戦に入るとイタリアが急速に息を吹き返す。
絶対に120分間で勝負を決める。その気迫が極限の疲労状態にある選手達を突き動かす。
勝負を決めたのはこの日Pirloのキックが精度を欠き何度もLehmannに阻まれてきたCK。
延長に入ってから投入されたAlexの蹴ったボールは、そのPirloの元へこぼれてくる。
シュートコースを阻まれたPirloは軽いキックフェイントでDFを動かすと、
フリーで待っていたGrossoへこれ以上ないほどの柔らかいパス。
迷わずダイレクトで放たれたボールはイタリアを決勝へ導く値千金のゴールとなった。
前掛かりになったドイツに追い討ちをかけるようにイタリア得意のカウンターが決まる。
最後はGilardinoからAlex、途中出場の2人がこの激闘に終止符を打った。

しかし今大会のCannavaroはすげーな。対人戦の強さは言うまでもなく、
ピンチの芽があれば必ず駆けつけている神出鬼没のポジショニング、
ボール奪取を仕掛けるタイミングが絶妙すぎる。
選考に決勝のパフォーマンスは関係ないはずなので、大会MVPはほぼ決まりかな。
この日はPirloも凄かった。こんなに動き回るPirloって初めて見た気がする。
ほとんどの攻撃に絡む一方で、最終ラインまで下がっての懸命な守備、
味方の上がりを待つ際の身体を張ったボールキープ等、その貢献ぶりには頭が下がる。
大会でのこれまでの活躍は、クラブでは考えられないような緩いプレスによる所が大きく、
個人的にあんまり評価してなかったんだけど、この日は文句ナシに素晴らしかった。

選手の潜在能力、これまでの戦いぶりからも勝者にはイタリアがふさわしかった。
それでもそのイタリアをここまで追いつめたドイツの予想外の健闘ぶりは大いに称えられるべき。
選手各自がうまくサボって体力を温存、それでも終盤は
DF陣がかなり苦しそうな様子を見せていたイタリアに対し、
素直にボールを追い続けたドイツの運動量が最後まで落ちなかったのは驚異的だった。
ラフプレーが目立つ点や試合運びの拙稚さは残念だが、
若い選手が多くチームとしても発展途上である事を考えると
2年後のユーロ、4年後の南アフリカが本当に楽しみ。
応援する事はないだろうけど、今の路線を変えずにさらに上を目指して欲しい。
スポンサーサイト

テーマ:ワールドカップ2006 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント
決勝まで累積欠場者が居ないってのが素晴らしいですよね。

カンナバロはまじで今大会は神。
MVPに選ばれなかったら、どうすれば選ばれるの?って聞きたいくらい。

陰に隠れてブッフォンも神なんですけどね。

でも、何度も言うけどフランスはあのブラジル戦のパフォーマンスだけは止めてくれ。
あれやられると勝ちようがないw

是非ユーロ00のリベンジを!
【2006/07/06 13:15】 URL | 刑事 #99DFA69w [ 編集]

ジジは確かに凄いんだけど、みんなあの反射神経を見慣れちゃってるのが可哀想ですねw
DFとの連携とポジショニングも神だから、
攻撃側の視点で見てるといつもシュートコースがほとんどないんだよな。。。
アズーリはポルトガルの仇を討ってくれ~
【2006/07/07 07:23】 URL | りーやん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ryan2.blog64.fc2.com/tb.php/112-1380a2fe



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。