フットボール漬け。
24時間365日サッカーの事ばっか考えてるりーやんの雑記帳。試合の感想とか気になった選手とか。
ブログ内検索



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



プロフィール

りーやん

Author:りーやん
1日2試合観戦を目標に。



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェコvsイタリア
ワールドカップグループリーグE組チェコvsイタリア☆☆☆☆

チェコはKollerもLokvencもいなくてどうすんのかと心配してたらBarosが復帰。
イタリアは前半17分にNestaが負傷でMaterazzi投入という不安の立ち上がり。
Nestaは大舞台になるといっつも怪我してるイメージあるなぁ。ツイてない。
CKからそのマテ兄に先制を許してしまい、チェコは相変わらず
ゾーン時の守備の不安を露呈するが、この日のチェコはいい。

中盤の激しいプレスからボールを奪うと、
真っ白な4-1-4-1のラインが一斉に相手陣内へと流れ込んで行く。
1トップのBarosに本来のキレは感じられないものの、彼はその分身体を張って潰れ役に徹する。
アメリカ戦でのGalasek同様ボランチに入ったPolakのフォローも効いている。
ピンチの芽を未然に防ぎ、バイタルエリアに入ってくるボールをほとんど相手に触らせない。
NedvedとRosickyは豊富な運動量と勇気を持った飛び出しでルーズボールを奪いまくる。
イタリアは流れの中からほとんどチャンスを作れなかった。

しかし前半ロスタイム、チェコの守備を支えるPolakが退場処分。
カテナチオサッカーで得意のウノ・ゼロに持ち込みたいアズーリにとっては願っても無い展開に。
Polakの穴は大きく、前半徹底的に潰されていたTottiが
自由に前を向いてボールを捌きだすと、後半はイタリアがゲームを支配。
チェコもリスクを覚悟で攻撃の枚数を減らさずに、虎視眈々とチャンスを窺う。

Buffonの好セーブ、カウンターからピッポのダメ押しゴールで敗退が決まってしまったものの、
そこにガーナ戦で完膚なきまでに叩きのめされたチェコの姿はなかった。
特に前半はアメリカ戦同様、チェコの攻撃サッカーを存分に楽しませてくれた。
これでもう二度と今のメンバーのチェコ代表を見る事はできないんだな。
Polak、Plasil、Grygera、Rozehnal、Rosicky。
経験を積んだ次世代の中心選手たちは、次回のユーロでどんなサッカーを見せてくれるだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:ワールドカップ2006 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ryan2.blog64.fc2.com/tb.php/98-e6d533b6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。